ページ評価を上げよう!タグを正しく使いこなす方法

ページ評価アップに向けてはまずTITLEタグが重要

サーチエンジンの順位決定には様々な複合的要因が絡みます。ただし、昔から明確にページの大きく関わり、評価順位に影響すると言われるのがTITLEタグです。そのため、TITLEタグ箇所に会社HPの全ページにおいて社名だけが入っているだけのような場合、すぐに修正する必要があります。さらに、全ページのTITLEタグに社名を入れるのも、かなりもったいない行為ですので、必ずしも社名は含めなくても構いません。それよりもネット上のWebページが激増して順位争いが激しくなる中、そのページに最も適したキーワードをうまく散りばめて20文字から30文字のタイトルタグを作るのがベストです。この作業はとても重要な作業ですので、ページ数が多い場合はタイトルタグ編集専門のスタッフを配置してでもSEOの重要施策として積極的に作業にあたるべきと言えます。

見出しタグは的確に挿入しましょう

タイトルタグ同様にサーチエンジンからのページ評価に大きく与えるのが見出しタグです。ロボットは見出しタグを元に、各ページがどんなことについて書かれているのかを判断します。そのため、このタグは心を持たないロボットに対する各ページの「自己紹介」として重要な意味合いを持ちます。その中でも、H1タグはタイトルタグ同様に特に重要なのでよく考えて文字を挿入する必要があります。H2以降も、ロボットにページ内容がうまく伝わるように文法の乱れに気をつけながら、うまくキーワードを入れていく必要があります。具体的には中見出し(章タイトル)として使うH2タグは1ページに数個のみにしておき、あまり多く使わない方がベターです。あとはH2の章内でH3・H4を多用してロボットへのアピールとして最も良い文章をうまく作っていくことが、各ページの評価上昇につながります。